しずくの会

『歯科医から見た健康法』倉橋歯科 院長 倉橋務先生

皆様の健康に少しでも貢献できることが、医師の冥利と思っています。地域の方が頼れる「健康パートナー」として、お役に立ちたいと考え、身体にやさしい医療”をモットーに頑張っております。
口の中を通して病気にならない方法(いびき・無呼吸症候群)や、口の体操で口を鍛え免疫力を高め、インフルエンザの予防ができます。
また、漢方との関連から、任脈その他、理想食の割合、おいしい玄米の炊き方などもお話しいただきました。
 

『歯科医から見た健康法』倉橋歯科 院長 倉橋務先生
  • 『歯科医から見た健康法』倉橋歯科 院長 倉橋務先生
  • 『歯科医から見た健康法』倉橋歯科 院長 倉橋務先生

■プロフィール

倉橋歯科 院長 倉橋務先生

倉橋歯科 院長 倉橋務先生

昭和25年 2月18日生まれ
昭和49年 大阪歯科大学 卒業
昭和52年 倉橋歯科医院 開業
昭和54年~平成18年3月 明石市人丸幼稚園校医
昭和54年~ 明石市人丸小学校校医
平成6年~ 海外医療ボランティア(ネパール・インド)
平成6年~平成12年 明石市立障害者診療所理事就任
平成16年 学校保健功労賞受賞
平成19年 学校保健功労賞受賞
平成22年 内科開業
9月21日、漢方療養師・実技初級定

『塩のはなし』しずくの会 代表 高見明美

海水から昔ながらの製法で作った塩は、ミネラルの宝庫です。
私たちの健康を維持するために必要なミネラルがたくさん含まれています。
良い塩の選び方、製法の違いなどをお話ししました。

  • 『塩のはなし』しずくの会 代表 高見明美
  • 『塩のはなし』しずくの会 代表 高見明美

しずくの会TOPに戻る